Web-site is in update mode
 


Ministry of Foreign Affairs of Georgia

 


Georgia - Europe Started Here

ドナルド・トランプ米大統領、ジョージアの領土の占領を認めた法律に署名

2017年5月6日、米国の歳出予算法案(Consolidated Appropriations Act, 2017)にジョージアの占領地についての一節が追加された。議会は5月5日に法案を可決し、5月6日に大統領の署名を経て制定された。ジョージアを支持する一節は、ロシアの侵略についての章において「ジョージアのアブハジア及びツィヒンヴァリ地域/南オセチアの侵略」と題された。同文書によれば、同法により充当された資金が、ロシアが占領するアブハジア及びツィヒンヴァリ地域/南オセチアの独立性を認め外交関係を確立していると国務長官が定めた国の中央政府への支援に利用されることはない。また歳出法は、米国務長官が国務省のウェブサイトへ同様の中央政府のリストをタイムリーに公表するとしている。文書では更に、同法により充当された資金のいずれも、ロシアによるアブハジア及びツィヒンヴァリ地域/南オセチアの占領を支援するために利用できるものではないと規定している。加えて、米財務長官が国際金融機関の米国人執行取締役に対し、ジョージアの主権および領土保全に反するいかなるプログラム(ローン、信用状、保証を含む)への援助に反対票を投じるよう指示すべきであるとも記されている。またロシア連邦がアブハジア及びツィヒンヴァリ地域/南オセチアのジョージア領土の占領をさらに強化するために取った措置及び占領による推定年間コストについて、国務長官が法律制定から90日以内に議会委員会に提出する報告書を作成することも想定されている。

 
 

დიასპორის სტრატეგია

 

 

 

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
Copyright © 2005-2009 Ministry of Foreign Affairs of Georgia. All rights reserved.
Created by ITDC