Web-site is in update mode
 


Ministry of Foreign Affairs of Georgia

 


Georgia - Europe Started Here

ジョージア外務省、アブハジア自治共和国における事実上の議会選挙に対する声明

2017年3月12日、ジョージアのアブハジア自治共和国において事実上の議会選挙が実施されている。この行為は、ジョージア国家に対するロシアの民族浄化、軍の侵略、占領、永続的な侵略などを正当化しようとする一つの試みである。従って、国際法によれば、ジョージアの占領領土内でのいわゆる選挙及び国民投票は違法であり、いかなる法的効力もない。この事実上の選挙は、ロシア連邦が2008年8月12日の停戦協定に基づく義務を順守せず、並行して強化された軍事力を以てロシアが軍事、政治、経済、社会制度の統合によりジョージアの占領地域の事実上の併合を継続しているという状況下にて行われている。同時に、占領地域から追放された人々は彼らの居住地に戻る権利を剥奪されている一方、地域に残留した人々は民族差別や甚大な基本的権利及び自由の侵害に苦しんでいる。このような背景から、EUモニタリング・ミッションの代表陣を含む国際的な安全保障及び人権メカニズムは、アブハジア自治共和国とツヒンヴァリ地域へのアクセスを拒否されている。ジョージア外務省は国際社会に対し、不法な事実上の議会選挙への正当な評価を訴え、ロシア連邦に対して国際法の基本的規範と原則を尊重するよう求めている。

 
 

დიასპორის სტრატეგია

 

 

საქართველო საერთაშორისო რეიტინგებში

 

 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
Copyright © 2005-2009 Ministry of Foreign Affairs of Georgia. All rights reserved.
Created by ITDC