Resource Not Found!

駐日ジョージア大使、ジョージア国家ワイン局副局長、ジョージアワイン協会会長、山梨訪問

2018417日駐日ジョージア大使がジョージア国家ワイン局副局長ダヴィト・トケマラゼ氏、ジョージアワイン協会会長ティナ・ケゼリ氏と共に山梨県を訪れた。山梨県甲州市は日本のワイン醸造や葡萄栽培が盛んな地域である。駐日ジョージア大使と一行は甲州市長田辺篤氏と面会した。その面会にはワイン醸造家でソムリエでもある平山氏も同席した。面会では、将来の地域の醸造家の協力への準備することが強調された。またこの訪問中に、ジョージアから持ち込んだクヴェヴリで甲州の葡萄を使ったワインの試飲をした。2014年に山梨県の甲州の葡萄のDNAはジョージアからのものと発見された後、日本のワイン醸造家やワインのDNAを研究者達は、甲州の葡萄は南コーカサス特にジョージアから1800年前にシルクロードを通って日本に来たことを明らかになっている。ワインの専門家であるティナ・ケゼリ氏によると甲州葡萄の品種はジョージアから起源があることを感じると伝えた。